今が狙い目|手持ちのフィギュアを高額で買取ってもらう秘策|物の整理は心の整理
女性

手持ちのフィギュアを高額で買取ってもらう秘策|物の整理は心の整理

今が狙い目

象牙

1989年にワシントン条約によって日本国内への輸入が禁止されることとなったのが象牙です。以降国内に現存するものだけの流通になったことで希少品となり価値が一気に上がりました。年々値上がりがみられ数年前に比べると数十倍とも言われ、今が象牙を買取してもらうベストタイミングともなっています。象牙を買取してもらう場合のお店選びは価値をしっかり見極められる経験豊富な専門店がオススメです。数多くのものを鑑定・査定しているので安心感があります。また最近のお店は取り組みとして、店舗に出向けない遠方の方でも気軽に利用できるように出張や宅配買い取りといったサービスに対応していたりするので便利です。宅配買取などはお店側がすべてを手配してくれる場合もありきめ細かさが感じられます。

象牙は印鑑をはじめ置物やアクセサリー、麻雀牌などさまざまなものへと加工されています。そのどれもが高級品とされコレクター垂涎の品となっているようです。買取時のポイントとなるのが重量と硬度といわれており、ずっしりとした重みのあるものは必然的に高額査定につながります。しかし中には、重量を増すため内部に他の素材を詰めて量増ししている場合があるのでチェックが必要です。硬度では象牙の劣化状況を判断するため材料となり硬さを保っているのが高評価となります。またちょっとしたヒビや傷などは買取査定にはさほど響かないとされているので、補修などは考えずそのまま依頼するのがいい方法です。日頃の手入れも重要で柔らかい布などで軽く水拭きするといいでしょう。